採用代行サービスのメリットを徹底解説!

「採用代行」という言葉を耳にしたことはありますか?
採用代行とは、企業の採用活動を支援するサービスです。このサービスは、企業が人材の採用にかかる負担を軽減し、より効率的な採用プロセスを実現するために利用されます。
 
本コラムでは、この採用代行サービスを利用することで、企業にどんなメリットが生じるのかを徹底解説していきます。

目次[非表示]

  1. 1.採用代行サービスとは?
  2. 2.採用代行サービスのメリット
    1. 2.1.時間の節約
    2. 2.2.コスト削減
    3. 2.3.適材適所の人材確保
    4. 2.4.公正な選考プロセスの実現
    5. 2.5.企業イメージの向上
  3. 3.まとめ
  4. 4.セレブリックスのプロモーション支援

採用代行サービスとは?

近年、企業の中には採用活動のコストや手間を抑え、より質の高い人材を確保したいという要望から「採用代行サービス」を導入する企業が増えています。
 
まず、「採用代行」とは、文字通り企業の採用活動を専門家が代行するサービスのことを指します。求人情報の作成、広告の掲載、書類選考、面接のスケジュール調整など・・・代行可能な業務は企業によって、あるいは顧客の課題によって様々にはなりますが、人材を採用するまでの一連の流れを外注することができます。

採用代行サービスのメリット

上記では、そもそも採用代行サービスとはどういったものなのかを簡単にまとめました。
この章では、実際に企業が採用代行サービスを活用し、採用活動をアウトソーシングした際にどのようなメリットが生まれるか、を解説していきます。
 
5つのメリットを挙げていますので、1つずつ見ていきましょう。

時間の節約

まず1つ目は「時間の節約」ができるところです。
採用代行サービスの最大の特徴は、その名の通り「代行」である点です。先程も説明したように、採用活動一連の流れを専門のエージェントが進めてくれます。企業側が行うべき採用業務は最小限にとどめ、その代わりに注力すべき業務に専念する時間を増やすことができます。

また、採用活動には専門的な知識や経験が求められます。適切な求人広告の作成、スキルと人格を見極める面接、これらは専門性が高く、知識が無ければ効率的に進めることは難しいのが現状です。今はインターネットやSNSが主流であることから、昔と比較して採用手法も多様化しています。そこで、採用代行サービスを利用することで、これらのプロセスを経験豊富なエージェントに任せることができます。これにより、適切な人材を確保しつつも、企業側の時間的負担を大きく軽減することが可能となります。

さらに、エージェントの場合は情報収集や面接、フォローアップまで一貫して行います。求職者とのやり取りも全て代行してくれるため、雇用主としての時間と労力の負担を大幅に軽減できます。
採用市場が複雑かつ多様化する昨今、「採用における人材リソースの最適化・効率化」は最も大きなテーマの1つです。

コスト削減

採用活動は莫大なコストがかかる活動の1つであり、採用コストを効率化することで企業の経費削減が実現するとも言えるでしょう。しかし、求人広告の投稿費用、面接の時間、人事部門の労力、そして何より採用ミスが起こった場合のコストなど、採用にかかるコストは思った以上に多くなります。
 
ここで採用代行サービスの出番です。一見すると、採用コストにプラスして費用がかさむかのように感じるかもしれませんが、長期的に見るとコスト削減につながるのです。
なぜなら、プロによって採用が行われるため、採用ミスが減り、そして人事部門の負荷も軽減されるからです。採用ミスが起きた際のコストは計り知れません。再募集の必要性、新たな教育・訓練のコスト、そして何よりその空白時間に生じる機会損失など・・・。
しかし、経験豊かなプロによる採用代行の活動なら、このような採用ミスを飛躍的に減らすことが可能です。
 
また、1つ目のメリットでもあったように、人事部門の時間と労力を他の業務に割くことができるので、水面下でかかっていた人件費を削減することも可能となります。
もちろん、価値あるサービスには一定の費用が伴いますが、採用代行サービスを利用することにより得られる経費削減と業務効率化は、そのコストを大きく上回るものとなるでしょう。

採用代行サービスを展開している会社によっては、パッケージとして比較的低い金額でノンコア業務の代行を依頼できる場合もありますので、比較検討の際は情報収集もぬかりなく行いましょう。本来社員がなすべき「コア業務」は何かを十分に考慮し、代行領域を決めることがポイントになります。

適材適所の人材確保

ビジネスにおいて、適材適所の人材配置がどれほど重要であるかは説明不要です。しかし、その実現は容易なことではありません。そこで、採用代行サービスの3つ目のメリットとして経験豊富な専門家による適材適所の人材確保があげられます。繊細な人事戦略と人材選定プロセスは企業成長の鍵となる要素であり、業績向上に強く寄与します。
 
採用代行サービスで実現できることは、採用のプロフェッショナルとしての大きな視野と豊富なネットワークを活用し、企業に最適な人材を勧めることです。ただしこれは、単にスキルと経験をマッチさせるだけではありません。候補者の個性や文化適合性も、同時に考慮する非常に重要な情報です。ここに採用代行サービスの真骨頂があります。
 
また、採用代行サービスは、企業の人材ニーズや求める素質を深く理解することにより、最も適した人材マッチングを可能にします。これには、企業のビジネスモデル、ビジョン、文化を理解し、それを見つけ出す候補者に反映させる高度な洞察力と技術が必要であるため、採用代行サービスは企業の発展と成功に寄与する存在であるとも言えるでしょう。
さらなるベストマッチングを目指すためには「カジュアル面談」「リファレンスチェック」などの手法も有効です。

公正な選考プロセスの実現

採用をこなす上で、自社の偏見や面接官の先入観のような属人的な理由により公平な選考が制約されることが起こりがちです。しかし、採用代行サービスを利用することにより、他社の目線を持つ客観的な評価基準に従って候補者を評価し選び出すことが可能になります。
 
採用代行サービスの利用で、会社独自・面接官独自の選考ではなく、プロによる一貫した選考では、そのプロセスの透明性をもたらします。
つまり、全ての候補者が同じ選考プロセスを通ることで、候補者ごとに恣意的な評価差が生じるのを防ぐことができるのです。これは候補者にとっても公平性が守られているという安心感を与え、結果として良質な候補者が集まる可能性を高めることにつながります。
 
採用代行サービスによる公平な選考プロセスは、企業のブランドイメージにもプラスの効果をもたらします。公正に行われる選考は、企業が尊重と信頼を大切にする姿勢を表し、これは社内外に対する評価向上にも良い影響を与えると言えます。
付随するサービスとして、「面接官トレーニング」「面接評価基準の策定」なども併用するとより効果的です。

企業イメージの向上

採用活動は、外部に対する企業像を形成する重要な要素と言えますが、採用代行サービスによる企業イメージの向上とは、具体的には何を指すのでしょうか?
それは、プロフェッショナルな採用業務の質と、4つ目のメリットにもあった公正な選考プロセスによって、企業への信頼感が高まるということです。
 
初めに、専門業者による採用活動は、そのプロセス自体が企業のプロフェッショナリズムを外部に示す一部となります。適切な面接の進め方、適切なフィードバック、効率的な選考フロー等、候補者に対して専門的に接することで、企業全体の品質を高める印象を与えるのです。
 
さらに、前述の「公正な選考」は、企業の道徳的な姿勢を強く反映します。公正で透明性のある選考は、不公平な差別や偏見がないことを示し、求職者だけでなく一般の人々からの評価を高め、企業の社会的信頼性を上げる要素となります。
同時に、採用HP・LPや採用パンフレットなどのツールを含め、採用広報を中長期視点でとらえることが重要です。

まとめ

採用代行サービスのメリットを5つ解説いたしましたが、いかがでしたでしょうか。
本文でも述べているように、採用活動は専門的な知識が必要なうえに、時間もコストも莫大にかかる活動であると言えます。
 
セレブリックスの採用代行サービスでは、日々の採用活動における業務効率化を実現するべく、企業様専属のプロジェクトチームがご支援いたします。
また、グループ・パートナー会社の知見を集約し、常にPDCAを回転させながら採用活動を一括サポートいたします。採用活動に対するお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。

セレブリックスのプロモーション支援


サービス04

採用代行

セールスプロモーション事例集
無料ダウンロード

\ 1,300社、12,600サービス以上の支援実績を持つ セレブリックスの支援事例をご紹介/

   

人気記事ランキング

カテゴリ一覧