認知拡大の方法とは?それぞれの特徴と押さえておくべきポイント

認知拡大したいものの、どのような方法があるのかわからない、どの方法を選ぶべきか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

今回は、認知拡大の方法と押さえておくべきポイントについて解説します。認知拡大を目指している企業の担当者様はぜひ最後までお読みください。

目次[非表示]

  1. 1.認知拡大とは
  2. 2.認知拡大の目的
    1. 2.1.ブランディング
    2. 2.2.ファンの増加
    3. 2.3.話題性の向上
  3. 3.認知拡大の準備
    1. 3.1.①ターゲットの明確化
    2. 3.2.②強みの明確化
    3. 3.3.③コンテンツの作成
    4. 3.4.④ターゲットに適した方法で発信する
  4. 4.認知拡大の方法
    1. 4.1.ダイレクトメール
    2. 4.2.メールマガジン
    3. 4.3.展示会
    4. 4.4.セミナー
    5. 4.5.オウンドメディア
    6. 4.6.オンライン広告
    7. 4.7.アフィリエイト
    8. 4.8.SNS
    9. 4.9.サンプリング配布
  5. 5.認知拡大はプロに任せるのがおすすめ
  6. 6.まとめ
  7. 7.セレブリックスのプロモーション支援

認知拡大とは

 認知拡大について理解する際は、「認知度」と「知名度」の違いについて理解が必要です。


・認知度……企業の業種や従業員数、取り扱い商品・サービスの名称や活用シーンなどへの理解の度合い

・知名度……企業の名前や商品・サービス名が知られている度合い


つまり、認知拡大とは、企業とその商品・サービスの内容やメリット、活用シーンなどまで知っている人を増やす行為を指します。

認知拡大の目的

認知拡大の目的はブランディングとファンの増加、話題性の向上です。

ブランディング

ブランディングとは、競合他社と区別できる要素を高め、企業と取り扱い商品・サービスの信頼性や安心感、魅力度などを引き上げることです。ブランディングに成功すれば、企業や商品・サービスの認知度が高まります。

ファッションで言うと、ハイブランドと呼ばれるブランドは、特に宣伝をしなくても収益を得ることができています。それだけ宣伝のコストを抑えることができるため、経営の安定性の向上につながるでしょう。

ファンの増加

ファン・リピーターが周囲の人へ企業や商品・サービスの存在を伝えることで、口コミで認知が広がっていき、売上が増加します。反対に、粗悪な商品・サービスだと悪い口コミが広まって売上が低下する恐れがあります。
そのため、いかにファン・リピーターを増やすかを考えてユーザーにメリットがある商品・サービス作りを心がけることが大切です。


話題性の向上

ブランディングやファン・リピーターによる認知拡大により、話題に取り上げられる機会が増加します。芸能人にも広まると、テレビ番組内やSNSで紹介されて、一気に売上が増えることもあります。
一度、大きな話題になると多くの人の記憶に残るため、再び話題になったときに売上が大きく伸びることもあるでしょう。

認知拡大の準備

認知拡大に取り組む前に、次のような準備が必要です。

①ターゲットの明確化

なるべく多くの人に認知してもらうというよりは、商品・サービスを購入する可能性が高いターゲットに認知してもらうことが大切です。
そのため、ターゲットを明確化したうえで、認知拡大に取り組む必要があります。

②強みの明確化

ターゲットに商品・サービスの魅力を伝える必要があるため、強みを明確にすることが大切です。

例えば、保湿力に強みがある美容液の場合、保湿力の高さが伝わるデータを用意したり、広告デザインで訴求したりします。

③コンテンツの作成

商品・サービスの認知を高めるための広告やメディアなどを作成します。
デザインはもちろん、文章での訴求やキャッチコピーなども重要です。

④ターゲットに適した方法で発信する

認知拡大の方法には、オウンドメディアや広告、ダイレクトメール、メルマガなどさまざまな方法があります。ターゲットに届く可能性が高い方法で商品・サービスの魅力を発信しましょう。
例えば、高齢者がターゲットの場合、SNSよりもダイレクトメールや街頭配布などの方が認知拡大につながりやすいと考えられます。



\ 無料でサンプリング見積を依頼 /


認知拡大の方法

認知拡大には、次のような方法があります。

ダイレクトメール

ダイレクトメールとは、個人宛に送る印刷物や電子メールのことです。
内容を見ずに捨てられることもありますが、封筒のデザインを工夫することで開封率の向上が期待できます。

メールマガジン

メールマガジンとは、登録したメールアドレスに定期的にお役立ち情報や新作商品などの情報を送る施策のことです。すでに、企業や商品・サービスに興味を持っている人が登録します。

展示会

展示会とは、商品を実際に手に取ることができるイベントのことです。
商品知識を習得できるうえに実際に商品を使用できるため、認知度が高まります。

セミナー

セミナーは、知識を提供し、結果的に商品・サービスの購入につなげるイベントです。
その場では購入に至らなくとも、商品・サービスへの興味が高まることで自ら調べ、認知度アップにつながる場合もあります。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、企業の商品・サービスの購入につなげることを目的に作成するメディアのことです。商品・サービスに興味を持つ可能性が高いターゲットが求める情報を発信し、企業に対する信頼性を高めます。
また、記事コンテンツ内で商品・サービスを紹介し、興味を引き出すことも目的です。

オンライン広告

検索したキーワードに応じて表示する「リスティング広告」、設定した属性のユーザーにピンポイントで発信する「ターゲティング広告」などがあります。


広告と言えば、文字と画像のものをイメージするかもしれませんが、近年は動画広告が大きな注目を浴びています。文字と画像だけの広告と比べて情報量が多いため、認知度アップに向いている施策と言えるでしょう。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、アフィリエイターと呼ばれる個人・法人に商品・サービスの宣伝を依頼し、購入や問い合わせなどの成果が発生した際に報酬を支払う方法のことです。
成果が発生したときにだけ報酬が発生するため、費用対効果が高い方法と言えるでしょう。

ただし、アフィリエイターの質はピンキリのため、中には商品・サービスの間違った情報を伝えたり、他社製品をおとしめる方法を取ったりするケースもあります。このようなリスクを踏まえ、検討することが大切です。

SNS

Twitterやインスタグラムなどで商品・サービスを紹介する方法です。
インフルエンサーに商品紹介を依頼する方法もありますが、ステルスマーケティングと混同されることもあるため、リスクが高い方法と言えるでしょう。

企業アカウントを作成し、ユーザーと交流しながら商品・サービスへの興味を高める発信をする方法が正攻法です。

サンプリング配布

サンプリング配布とは、街頭や複合型施設などで商品のサンプルを配布する施策のことです。
生活上、あっても困らないものであれば受け取ってもらいやすいうえに、実際の使用感を知ることができるため認知拡大につながります。

また、実際に商品を使用することで、認知拡大と購入意欲の向上を同時に実現できます。
サンプルを無作為に配布してもターゲットに届かないため、ターゲットが利用する可能性が高い地域・場所で配布することが重要です。


認知拡大はプロに任せるのがおすすめ

認知拡大の方法はさまざまですが、いずれも専門知識がなければ高いレベルで行うことができません。例えば、サンプリング配布にしても、ターゲットに渡せる可能性が高い地域・場所・時間帯などを事前に調べる必要があります。

認知拡大のプロはこのような調査の知識を持つため、サンプルがターゲットの手にしっかりと渡ります。また、商品・サービスの性質やターゲットなどを踏まえ、最適な認知拡大の方法をアドバイスしたり、企画立案から実施までサポートできたりするプロを選びましょう。

まとめ

認知拡大の方法は、商品・サービスの性質やターゲットなどを踏まえて選択することが重要です。セレブリックスでは、サンプリング配布の企画立案から実施までトータルサポートしております。ターゲットの手にサンプルがしっかりと渡るように入念な調査を行います。

また、自社スタッフ1,500名から豊富なノウハウを持つ人材を全国どこにでも派遣し、ディレクターを常時配置することでサンプリング配布の品質を担保します。街頭サンプリング420件、店頭サンプリング280店舗の実績を持つセレブリックスに、ぜひ一度ご相談ください。

セレブリックスのプロモーション支援

サービス05

サンプリング活動



セールスプロモーション事例集
無料ダウンロード

\ 1,300社、12,600サービス以上の支援実績を持つ セレブリックスの支援事例をご紹介/

   

サンプリング関連コラム

人気記事ランキング

カテゴリ一覧