店頭調査でできることとメリットについて

​​​​​​​

今回ご紹介する店頭調査とは、売り場状況を把握するために調査員が店頭の商品のレイアウトや陳列状況、販促物の設置状況などを実際に店舗へ行き調べることを指します。

店頭調査で見えてくる売場情報や企画実現率でどのようなメリットがあるのでしょうか。


目次[非表示]

  1. 1.店頭調査でできること
  2. 2.店頭調査サービスの種類と概要
    1. 2.1.公開調査
    2. 2.2.覆面調査(ミステリーショッパー)
  3. 3.店頭調査のメリット
  4. 4.セレブリックス調査サービスの特長
    1. 4.1.フレキシブルな調査を実施
    2. 4.2.効果的な調査プランを設計
    3. 4.3.スピード感のある課題分析が可能
  5. 5.まとめ
  6. 6.セレブリックスのプロモーション支援

店頭調査でできること

店頭調査では調査員が店頭での商品の配荷状況、販促物の有無、売価、競合商品情報等さまざまな店頭での情報を入手することができるため、店頭において課題を解決するために、今必要な情報収集に役立ちます。
 
その他にも、スーパーやドラッグストア、コンビニ等での指定ステッカーの設置有無や、キャンペーン販促物の設置状況など、店頭や売場に関わるあらゆることを調査することができる非常に重要な施策です。
 
また、自社製品の店頭課題を見つけるだけでなく、コストの見直しや様々な店頭販売戦略の判断材料に活かすことも出来ます。

店頭調査サービスの種類と概要

公開調査

対象店舗へ事前連絡の上、公開での売り場調査を実施します。
主に陳列状況・プロモーション状況・価格調査を設問形式で定量的情報と
売り場写真撮影や店舗担当者へのヒアリングなどの定性的情報を集約・分析を行います。

クライアントの店頭施策の具現化率を調査する事で、個店・チェーン毎の傾向を分析し、今後の営業戦略への活用が可能です。

覆面調査(ミステリーショッパー)

対象店舗へ調査実施を事前連絡せず、一般客として売り場調査を実施します。
公開調査と同じ陳列・プロモーション状況・価格調査の実施に併せて、お客様目線での接客態度や日常の店内の状況調査が可能です。

流通本部へのリベート支払いのエビデンスにも活用することが可能です。

店頭調査のメリット

メーカー様とお話させて頂く際、『卸しに任せている』といったお声をよく聞きます。​
これでは『店頭で売れる展開になっているか』『マーケティング施策の実施状況』などが分からず、販売戦略の次なる一手を打つことが出来ません。​
 そういった課題を抱えたメーカー様が店頭調査をすることで得られるメリットは大きく3つあります。

●店頭状況を可視化できる

売り場のコンディションを調査し、POSを掛け合わせた分析でメーカー様の勝ちパターンを導出できます。

●最短での課題把握

本部で合意した販促物が設置されているかどうか、メーカー様の求める理想の展開になっているかどうか等、現場のリアルな課題を即座にレポートし本部商談に活かすことが出来ます。

●そのまま店舗巡回が可能

メーカー様の課題に合わせて​他サービスの巡回を実施することが可能です。


店頭調査をすることで、そんな店頭機会を抱えているメーカーの機会創出とコストのバランスを取ることが可能になります。


セレブリックス調査サービスの特長

セレブリックスの調査サービスでは商品開発から店頭施策や評価指標策定などに繋がる店頭状況データの収集を行うことが可能です。
実際に店舗へ行き陳列状況・プロモーション状況・価格調査・店舗担当者へのヒアリングなどを実施します。

セレブリックスの調査サービスは以下3つの特長があります。

フレキシブルな調査を実施

ミステリーショッパーor公開調査で陳列状況・プロモーション状況・価格調査を実施し、
ご要望に合わせてエリア、調査数、調査項目、期間などフレキシブルに対応が可能です。

効果的な調査プランを設計

様々なカテゴリー、メーカー様の営業/販売支援業務の経験と、独自のアクションサイクルや教育カリキュラムを保有しているため、蓄積されたデータを基により効果的な調査プランの設計が可能です。

スピード感のある課題分析が可能

弊社の強みである高速PDCAを回すことで、ラウンド実施結果を即座にデータ化します。
調査終了後、最短2週間でのデータ納品が可能です。

実際にあるメーカー様でご依頼を頂き、POS分析から算出した推定の原案実現率を基に150店舗で下記の調査を実施しました。
 
•定番棚の棚割りチェック(原案通りに展開されているか)
•販促物の設置チェック(自社/競合)
•欠品チェック(自社/競合)

 
上記調査を実施した結果、原案実現率とPOS売上に相関性がある事が判明し、メーカー→流通本部へのピンポイントなフィードバックで、未実施店舗に対し定番棚割りの改善と販促物設置を促進することが出来ました。


このように、店頭調査をすることで売り上げアップに貢献することができます。
また店頭調査は、定期巡回よりも比較的安価で実施することが可能になるため、まずはお試しで数十店舗のみ調査を行うことも可能です。
店頭課題が分からない等、困りごとがあれば是非セレブリックスの店頭調査サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は店頭調査でできることについて紹介しました。
実際に店頭へ行って確かめないと見えない店頭の状況を定量・定性的に把握することができます。

売上向上や課題解決に、店頭調査を活用してみてはいかがでしょうか。

セレブリックスのプロモーション支援

サービス06

ラウンド業務・店舗巡回




セールスプロモーション事例集
無料ダウンロード

\ 1,300社、12,600サービス以上の支援実績を持つ セレブリックスの支援事例をご紹介/

   

ラウンド業務関連コラム

人気記事ランキング

カテゴリ一覧