アバター販売スタッフで店舗運営はどう変わるか

アバター販売スタッフで店舗運営はどう変わるか

新型コロナウイルスの感染拡大により、ニューノーマルの店舗運営が求められる中、各店舗は感染予防対策を徹底しながら、販売促進も実施していく必要があります。客足が減っている中、いかにお客様の不安をなくすかが問われています。
そこで今回は、ニューノーマルな店舗接客の手法のうち、「アバター販売スタッフ」の概要とメリットについてご紹介します。

<目次>

目次[非表示]

  1. 1.アバター販売スタッフとは
  2. 2.アバター販売スタッフのメリット
  3. 3.アバター販売スタッフの活用例
  4. 4.まとめ
  5. 5.セレブリックスのプロモーション支援

アバター販売スタッフとは

アバター販売スタッフとは、店頭にデジタルサイネージを掲出し、画面上でアバターが店員の代わりに販売促進する方法です。

デジタルサイネージは、タッチパネルでお客様が自由に操作することができます。画面上に現れたアバターはお客さまに質問します。例えば「夜ご飯の気分は?」の問いに対して「イタリアンが食べたい!」とお客様が思い、画面上の選択肢から選べば、おすすめの肉料理を提案します。 このようにアバター販売スタッフはQA式でやりとりを行い、最適な商品提案を行います。接客はあらかじめ設定したシナリオを用意しておき、それに基づいてバーチャル接客を行います。

アバター販売スタッフのメリット

アバター販売スタッフには、さまざまなメリットがあります。

1.感染の不安を減らして気軽に来店できる
感染に不安を感じているお客様も気軽に来店できるようになり、来店促進につながります。

2.人を介さない営業ツールとしてリアル店舗の 販売促進となる
店内では、お客様と接客スタッフとの接触を極力防ぐ必要があり、本来交わされるべきやりとりが実現しないことで、購買率が下がる可能性があります。そのような中、アバター販売スタッフがご案内することで、接客スタッフの代わりに購買のきっかけを作ってくれます。

3.コンテンツ変更の手間をかけずに時期や個店にあわせてオリジナルの接客販売が可能
アバター販売スタッフのコンテンツは、PC上で手軽に変更でき、手間がかかりません。また、随時季節やセールなどに合わせてオリジナルのコンテンツを配信できます。

4.空いているスペースを有効活用できる
店内の空いているスペースを有効活用して、お客様に役立つ情報を発信できます。

アバター販売スタッフの活用例

アバター 販売スタッフは、例えば次のようなギフト選びのコンシェルジュとしても有用に働きます。一つの活用例として見ておきましょう。

アバター「ギフトを贈る人数は?」

お客様「1人を選択(画面をタッチ)」

アバター「贈る相手が好きそうなものは?」

お客様「肉、ビール、おかしのうち、ビールを選択(画面をタッチ)」

アバター「ブランド好き?」

お客様「好きを選択(画面をタッチ)」

アバター「では、こちらがおすすめです。(商品のご案内)」

お客様は、贈る相手の好みを画面のタッチパネルで選んでいくだけで、おすすめの商品をアバター販売スタッフが選んで提示してくれます。
これにより、生身の接客スタッフに相談することなく、店内商品の中から最適なものを購入できます。また、通常もお店で接客スタッフになかなか聞けないお客様も、アバター販売スタッフであれば気軽に質問をすることが可能です。

まとめ

セレブリックスでは、新しい時代の接客・販売・働き方に対応する「ニューノーマル対応店舗接客・販売支援サービス」をご提供しています。

店舗のコロナ対策でよくあるお悩み「お客様と従業員の接触を減らせない」「人手不足でお客様満足が低下」「お客様も従業員も店内感染を不安視」といった課題を解決するソリューションを取り揃えています。

そのうちの一つ「アバター販売スタッフ」は、お客様と従業員の接触機会を極力減らしながら、 販売活動を停滞させないために有用な施策の一つです。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

セレブリックスのプロモーション支援

販売応援

推奨販売


サービス02

DX施策​​​​​​​

セールスプロモーション事例集
無料ダウンロード

\ 12,000社、1,200サービスの支援実績を持つ セレブリックスの支援事例をご紹介/

   

店頭販促関連コラム

人気記事ランキング

カテゴリ一覧